クッキングガイド

レビュー: クー・ベルファスト 水曜日の夜、私たちはベルのリスバーン・ロードにあるクーに行きました。

レビュー: CÚ BELFAST cu_belfast 水曜日の夜、私たちはベルファストのリスバーン通りにある Cú に行きました。 私たちが到着したときレストランは忙しかったにもかかわらず、オンライン予約システムを通じて急遽予約しました。 メニューは「スナック」「スモール」「ビッグ」「タコス」「サイド」「スイーツ」に分かれており、いずれも少人数でシェアするスタイルの料理のようです。 メニューのすべてのセクションに肉、魚、ベジタリアン、ビーガンのオプションがあり、頻繁に変更されるようです。 カクテルやワインも豊富に取り揃えておりますが、唯一の問題は生ビールがないことです。 シェアしました:パドロンペッパーのホイップフェタチーズディップ添え。 アドボハニーとライムのローストカリフラワー。 ターメリックとアンチョのパースニップ。 スキニーフライドポテト、アドボマヨネーズ。 カリカリのベビーポテト、ロメスコソース、ガーリック、パルメザンチーズ、ハーブオイル。 ひよこ豆のコンフィタコス、ココナッツ、ミント、ライムのヨーグルトとシャロットのシャロット添え。 カリカリのアル パストール ブロッコリー、サルサ タケーロ、生の玉ねぎ、焦がしたパイナップル。 私たちが試した料理はどれも美味しかったです。 パドロンペッパーは塩味とライム味があり、間違いなく買う価値がありました。 ひよこ豆のタコスはバンギンで、ココナッツがたっぷり入っていましたが、本当に楽しかったです。 ブロッコリーのタコスも素晴らしく、おそらく野菜のタコスのオプションの中でより優れており、クラスのサルサで非常にサクサクしています。 ショーの主役は間違いなくカリカリのベビーポテトで、ロメスコソースは素晴らしかったです。 唯一残念だったのは、テーブルにこれらを 2 つ入手できなかったことです。 「ポスト・スイカ」カクテルと「ラズベリー・ベレー」もありました。 スイカのカクテルは信じられないほど素晴らしく、私が今まで味わったカクテルのトップ3に入るほどで、間違いなく再現したいカクテルの1つです。 請求書は飲み物を含めて4人で共有して99ポンドになり、食べ物と食材の品質を考えると妥当です。 セット価格で大皿にたくさんのサイドとメインを提供する「サンデーシェアプレート」を楽しみにしていました。

Related Articles

Back to top button